受け継がれる伝統の技、翠雲彫

井尻彫刻所は昭和10年、初代井尻翠雲が翠雲彫として開業したことからその歴史が始まります。
その後現代に至るまで70年以上、上丹生彫刻の製作に努めてまいりました。
翠雲彫は写実的立体感に溢れる物が多く、神社仏閣をはじめだんじりの彫刻から仏壇や欄間などの細かな彫刻まで
様々な作品を彫ることができるのが特徴です。

初代翠雲は、皇太子殿下(現今上陛下)への献上物を作るほどその技術力に定評がありました。
そしてその技術力は2代目、3代目と受け継がれて現代に至ります。

そして、井尻彫刻所では先代から受け継がれてきたこの彫刻の技術を時代に合わせた作品に注ぎ込むことも大切にしています。
神社仏閣のみならず、一般家庭で使われる表札を彫刻で製作したり店舗などで使われる看板製作などにも力を注いでいます。
職人が一つ一つ手作業で彫り進めていく作品は、暖かみと独創性を持ち、人を惹きつける不思議な魅力を持っています。
彫刻の技術を活かした作品で一人でも多くの方に喜んでいただけるよう日々尽力してまいります。

あなただけの看板・表札

滋賀県にある井尻彫刻所が手がける作品は、3代目井尻 一茂が時間をかけて一つ一つ手作業で作りあげていくものです。ここでしか作ることができず、唯一無二の看板表札が出来上がります。手彫りの暖かさと独創性を兼ね備えた看板や表札は人を惹きつける不思議な魅力を持っています。オーダーメイドでの製作もご依頼いただけます。

表札・看板
技術×アクセサリー

井尻彫刻所では代々受け継がれてきた彫刻の技術を使ったアクセサリーなどの製作も行なっています。受け継がれてきた伝統技術によって作られるアクセサリーを幾つもの年月を身につけて楽しんでいただきたいという想いから「幾木」と名付けました。木から生み出される可愛いネックレスやピアス、小物にストラップなど、ここでしか手に入らない唯一無二のものばかりです。

(幾木) アクセサリー
暮らしの中に彫刻を

お部屋のインテリアとして置いても楽しめる手彫りの座像など、受け継がれてきた技術を今の時代に合わせて変えていきたいという想いから、様々な方々とコラボを行なったり、作品を生み出しています。あなたのお部屋を彩る伝統技術を用いた手彫りの作品をぜひご堪能ください。

インテリア彫刻

伝統を守るだけでなく「今」に彫刻技術を活かす

井尻彫刻所は伝統を守ることはもちろん、グローバルに「今」に彫刻技術を活かしたいと考えています。
「今」を生きる方達が必要としてくれるもの。
そんな想いを胸に日々作品作りに努めています。

作品ギャラリー
ご依頼いただいた方の想いを、
しっかりカタチにできるように

井尻彫刻所が大切にしているのがお客様とのしっかりとした対話です。どんな作品をご要望されているのか、どんな表札や看板にしていきたいのかなど、しっかりと打ち合わせをしながら作業を進めていきます。
出来上がった作品を見て少しでも喜んでいただきたい。そんな想いを込めて作りあげます。

お店や家の顔となる、
魅力的な表札や看板を作る力になりたい

店舗であれば看板、家であれば表札。これらは訪れる人が一番最初に見るものです。
魅力的な看板や表札はお家やお店の魅力そのものをグッと引き立たせ人を惹きつけます。

彫刻の楽しさを、
もっと多くの方に知ってもらうために

「彫刻」は決して難しいものではありません。
誰でも楽しみながら作品作りができるという特徴を持ち、作品には作り手それぞれの「味」が生まれます。
上丹生ウッドペッカーという名前の職人チームで地域のアピールをする活動にも力を入れています。

お知らせ